あなたは何クマ目ですかね?

プロフィール

ぴっぴちゃん

Author:ぴっぴちゃん
$$に$$を$$られる前は、
 こんな色合いだったような気がs

ぴぴ太の部屋

今日のひとこと!

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えでぃ!

えでぃ


(*゚△゚) !!!
えでぃが来るなら急いでお部屋掃除して・・・カワイイぱんつに履き替えて・・・
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
大変だ!

っていつになったら遊びに行ったり来たりしてくれるのかなぅ~(´△`)


↓以下関係ない話↓
手がかりなし

 9時になり仕事を終え家路につく。駅に着き電車を待つ間に、とりあえず彼女にメールを送る。もちろん「京都の東寺」のことだ。留守番電話の内容をまとめて彼女の反応を窺う。


「私じゃないよ♪」


 ・・・そりゃそうだ。彼女が小銭入れ持ち歩いているところなんて見たことないし、携帯電話の番号わざわざメモしているわけがない。そんなこたぁ知っている。色々突っこみを入れたい気持ちをぐっと抑え、これまでの自分の考えを伝えてみる。
 やはり彼女の考えも「教団の誰かでは?」ということだった。一体誰が私の携帯電話番号をメモして持ち歩くというのか?


 30分ほど電車に揺られて家に着き、まずはパソコンを起ち上げ「京都 東寺」でネット検索してみる。・・・着信の番号は確かに京都の東寺である。もしや壮大な釣りでは・・・?という考えもなくはなかったが、これで少なくとも本当に私の携帯電話番号が書かれている小銭ケースが、京都の東寺にあったということになる。
 1年前彼女と京都旅行したときに東寺の五重塔を写メールで何枚か写し、出口の売店で抹茶アイスを食べた覚えがある。池で亀の写メールも撮った。しかし、1年前の話である。


 そして私は疑惑の教団アジトへと足を運ぶ・・・。


 私の所属しているのは教団と名前は付いているものの、オンラインゲーム内のサークルのような存在である。厳密に教団員を把握しているわけではないし、どこに住んでいるのか、年齢も性別も分からない者も多い。
 アジトで留守番電話のことを話題に出してみたが、これに反応する者は居ない。全員に聞いてみたわけではないが、全員それぞれに連絡をする手段がない。
 古参団員の一人が「汚く書いてある数字を読み間違ったのでは?」と言っていた。・・・できればそうあって欲しいと思う。
スポンサーサイト

コメント

ゴメン俺。

(|| ゚Д゚)

火曜日に京都行ってたわけだが・・・

('∀`)<あなたを、犯人です

まぢで心当たりある方は東寺へ電話よろぴこヾ(・◇・)ノ
ぐぐれば出てくるにょ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumapippi.blog40.fc2.com/tb.php/76-2bd9b1b8

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。